スマートビルで健康的なオフィスを


沖電気工業は鹿島建設と共同して、鹿島のビルのオフィスワーカーを対象に、スマホアプリで健康意識を高め行動をうながす「行動変容サービス」の実証実験を行いました。

近年、従業員の健康を経営課題としてとらえ、企業が積極的に改善へ取り組む「健康経営」が広がっています。なかでも経済産業省が「健康経営オフィス」を推奨するなど、働く環境づくりは重要な要素。「SDGsやESGの観点からも、利用者の健康性や知的生産性に配慮するスマートビルが注目されています」と同社は述べています。

今回の実証実験では、建物内の階段、通路、EVホールにセンサーやカメラを設置。オフィスで働くユーザーの行動情報をクラウドに収集します。
また、ユーザーのスマホアプリを通し、歩数や階段利用などのアクティビティを検知します。

全体の行動情報と、個人のアクティビティを連動させ、適切なタイミングで健康行動をうながします。例えば、長時間のデスクワーク後や、エレベーターの混雑時に階段利用をメッセージを通知。後者はエレベーターの混雑にも貢献します。

アプリには、歩数や階段の利用数に応じてスタンプ付与するなど、モチベーションアップの仕掛けも実装されました。結果、アプリ使用後に階段利用者が約40%増加するなど、一定の効果が確認されました。

リモートワークが広がり、仕事の合間に散歩やジョギングにでかけ、リフレッシュする人も増えたはず。ワークスタイルが変化する中、働く人が職場に戻れば、以前にも増して「健康的なオフィス」へのニーズが高まります。まだまだ、ビジネスチャンスが隠れた分野です。

●プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000499.000017036.html


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ソリューション
ソルバ! – 4コマでハラオチする「社会科」メディア
タイトルとURLをコピーしました