「Diversityは成長戦略」女性役員の育成、紹介に特化


元大津市長で弁護士の越直美氏と弁護士の松澤香氏は、女性役員の育成・紹介に特化したOnBoardを設立しました。「Diversityは成長戦略」を掲げ、女性役員の育成・紹介事業に取り組みます。女性役員候補者向けのセミナーをスタートしました。

企業の多様性は国を上げて取り組まれている重要課題です。たとえば会社役員に占める女性比率については、政府が2022年に12%(東証一部上場)、経団連が2030年に30%を掲げています。
しかし同社によれば、2020年7月時点での女性役員比率は6%。「特に、女性取締役の育成・選任が求められています」としています。

OnBoardは、企業価値の向上と、イノベーションを起こす企業の意思決定のため、取締役会の多様化のサポートします。

具体的な事業は以下の通り。

1.女性役員候補者向けトレーニング
取締役・監査役の候補者および既に就任している女性が対象。法律や会計の知識を身に着けるとともに、取締役経験者等からあるべき役割・実務を実践的に学びます。

2. 女性役員候補者と企業のマッチング
社外取締役・監査役の候補者を企業に紹介。企業のニーズに合わせて、弁護士、公認会計士、企業経営者などを紹介します。

3. 人材育成支援事業
顧客企業に対して、社内の女性経営人材の育成・登用に関するコンサルティングや、候補者への教育研修を提供します。

同社は5月に、女性役員候補者向けトレーニング・セミナー「取締役・監査役に求められるもの・そのための基礎と実務」を開催しています。

●プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000080227.html


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ソリューション
ソルバ! – 4コマでハラオチする「社会科」メディア
タイトルとURLをコピーしました