美容室チョキペタの「休眠美容師」活用作戦


美容室チェーンを300店舗以上展開するアルテ サロン ホールディングスのC&Pは、 美容室チョキペタのオープン10周年(2021年7月)を発表しました。ユニークなビジネスモデルと、働き方の課題解決ストーリーをどうぞ。

「ヘアメンテナンス」の美容室をご存知でしょうか? 伸びた分だけカットやカラーをして、キレイな状態をキープするというサービスです。チョキペタは、「ヘアメンテナンス」に特化することで、手頃な料金と短時間での施術を可能にし、人気を集めてきました。

ここでは、そんなチョキペタが実現している「美容師の働き方」の課題解決ストーリーをお届けします。

美容業界は、ファッションと密接に関係があることからヘアデザインのトレンドも激しく変化します。ブランクができてしまうと、トレンドに対応できる技術を身につけるには相当の努力が必要。例えば出産や子育てでサロンを離れていた美容師が復帰するには、大変高いハードルがあります。

そんな業界の課題を解決するのが、チョキペタが力を入れている「休眠美容師の復帰支援」です。休眠美容師とは、美容師免許を取得しながらも、さまざまな事情で美容師として働くことを辞めた人たちのこと。同社は、50〜75万人の休眠美容師がいると推計しています。

チョキペタは教育制度を整え、休眠美容師の復帰をサポートしてきました。「ヘアメンテナンス」に特化しているチョキペタは、施術メニューがカットとカラーに絞られており、さほど流行に左右されません。ベーシックな技術で対応可能で、ブランクがあっても一定のトレーニングを経ることで復帰しやすいのです。

同社は人材不足を解消しながら店舗数を拡大してきました。現在はチョキペタで働く美容師のうち約半数を、休眠美容師が占めています。

働きやすい環境づくりによって、眠っている労働力を掘り起こすことは、あらゆる分野で参考になる課題回消すストーリー。同社は「美容室業界のサステナビリティ」を掲げています。「一連の取り組みはSDGsの「ジェンダー平等の実現」や「働きがいも経済成長も」といった目標達成に通じると考えております(同社)」。

ブランクがあっても対応しやすいビジネスモデルと、復帰をサポートする充実した教育制度で、眠っている労働資源を掘り起こしています。あらゆる業界の参考になる課題解決ストーリーです。

●プレスリリース

働く52%がブランクから復帰した『休眠美容師』 「美容室業界のサステナビリティ」に取り組んだ“ヘアメンテナンスサロン”チョキペタ10周年
株式会社アルテサロンホールディングスのプレスリリース(2021年6月15日 11時00分)働く52%がブランクから復帰した『休眠美容師』 に取り組んだ“ヘアメンテナンスサロン”チョキペタ10周年

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ソリューション
ソルバ! – 4コマでハラオチする「社会科」メディア
タイトルとURLをコピーしました