誰でもゾンビになれるスクールバス、渋谷でデビュー!


屋外広告を取り扱うアップスターは2021年6月、お化け屋敷プロデュースのZAUNTEDと協業し、参加型ホラーコンテンツ「ゾンビスクールバス」の運行をスタートします。

「ゾンビスクールバス」最大の特徴は、参加者が驚かされる従来のホラーコンテンツの発想を転換し、渋谷の人たちを怖がらせる側に回ること。スクールバスに乗り込み、メイクや発声、動きなどのゾンビ実習を受けながら渋谷を周遊します。

監修はホラーエンターテインメント分野での業界随一の実績を持つマイケルティー・ヤマグチ氏。自らバスに乗り込み、特殊メイクやゾンビになりきる演技・演出を徹底指導します。

「ゾンビスクールバス」はコロナ禍により開始が延期されていましたが、感染症対策を充実させてデビューに至りました。参加者全員には、メイクがよく見える透明マスクが貸し出され、乗車定員は上限15名に制限されます(通常時:上限40名)。

「これまでお化け屋敷やホラー映画などが苦手だった方々にもオススメ」と同社。怖がりでも「ゾンビ」へと変身し他人を驚かせるならば怖くありません。
街の人は、感染症対策をとりながらゲリラ的に現れるゾンビバスに、つかの間の非日常を味わうことができます。不安やストレスがたまりがちな街の空気をホラーで変える課題解決ストーリーです。

当面の開催日時は2021年6月13日(日)16時〜18時。チケットはすでに完売している。

●プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000067866.html

 


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ソリューション
ソルバ! – 4コマでハラオチする「社会科」メディア
タイトルとURLをコピーしました