技術を知ってAIいじめ対策


学校法人ワオ未来学園ワオ高等学校(以下ワオ高校)は、「中学生でもわかる!フェイク動画の作り方から学ぶITリテラシー」のオンラインセミナーを、一般向けに無料公開した。AIリテラシーを高めるとともに、最新のいじめ対策を考える。

人口知能(AI)の顔認証技術を悪用した偽動画「ディープフェイク」は、人が簡単にだまされてしまうほど精巧さを増している。ディープフェイクが容易に作成され、世界中に拡散されるという問題は未成年にもおよび、いじめ被害も発生している。

セミナーでは著名な政治家や俳優の精巧なフェイク動画を紹介。AI技術のおもしろさを伝えるとともに、人権侵害をはじめとする問題点も指摘された。

また、スマートフォンアプリでディープフェイク動画を作る方法も紹介。具体的な技術と制作の流れを明らかにすることで、簡単にフェイク動画が作れることが解説された。

ワオ高校は2021年4月に開校し、高校では初となるデータサイエンスのオンラインコースを10月に開講する。今回のセミナーは、そのコースで行われる講義の一部を公開したもの。

●プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000068132.html


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ソリューション
ソルバ! – 4コマでハラオチする「社会科」メディア
タイトルとURLをコピーしました