住みながら働ける家


Renovate Japanは、空き家を活用したソーシャルビジネス「Renovate Japan」をスタートした。国立・国分寺エリアに、第一号物件をオープンする。

空き家が増加し、その管理や活用に困るという資産余りの問題が地域で深刻化している。いっぽうで、ホームレスやネットカフェ難民など、住居にまつわる課題を抱えた人々が未だ多く取り残されている。

Renovate Japanでは、整理・改修中の空き家を、「バイト付き短期シェルター」として開き、家と仕事に困っている人を受け入れる。

入居者は空き家の改修を手伝うことで、報酬と住まいを得られる。その間、Renovate Japanは適切なセーフティネットへつなげたり、就業を支援する予定。

また、改修後の空き家はシェアハウスとして長期的に運営することで利益を生み、継続性のある事業として成立させる。
現在、一戸目の空き家の改修が進んでおり、クラウドファンディングで資金の支援を募っている。
https://camp-fire.jp/projects/view/373526

●プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000078341.html


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ソリューション
ソルバ! – 4コマでハラオチする「社会科」メディア
タイトルとURLをコピーしました