アメリカ合衆国建国の歴史〜民主VS共和の2大政党制はいかにして成立したか?


共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン候補が戦った2020年のアメリカ大統領選挙。国を二分するような激戦とともに、日本にはない「選挙人」の制度が大いに注目されました。合衆国の成立、2大政党制ができるまでの歴史をみると、アメリカの姿がみえてきます。

4コマでアメリカ合衆国の成立

解説

アメリカ合衆国は、イギリスの植民地が独立してできた国です。1775年、イギリス領13州が独立戦争に立ち上がり、翌年の1776年に独立宣言を発します。
独立以前の13州はイギリス領といっても、国王や諸侯など領主が異なり、それぞれに自治を行っていました。独立後も当初は共和国(州)の連合として成り立っていました。

そもそもからして、アメリカは一枚岩ではなかったと。

1789年に合衆国憲法が制定され、連邦政府が発足します。初代大統領は選挙でジョージ・ワシントンが選ばれました。

選挙は現在と同じように行なわれたのですか?

2020年の選挙ほど民主的ではありませんが、源流はあります。
連邦政府の「選挙人団」に、各州から代表が送られました。そこで、大統領と副大統領を選ばれるのです。選挙人団が大統領を選ぶ仕組みは今も変わっていません。
後に、国民の選挙によって州の代表である選挙人が選ばれるようになります。

なぜ、選挙人団の仕組みをつくったのですか?

合衆国憲法を起草した人たちは、13州と国民全体の利益のバランスを取ることを重視しました。選挙人団はその結果と言えます。

連邦政府の中央集権を主張するフェデラリスト党と、各州の権利を守りたいリパブリカン党が対立しました。
フェデラリスト党は民衆を恐れ、選挙権の拡大を避けようとしました。第2代大統領にジョン・アダムズが就任しましたが、1800年の選挙で敗れるとフェデラリスト党は衰退します。
代わりに政権を担ったのがリパブリカン党です。第3代のトマス・ジェファソン大統領は連邦政府による統制を嫌い、自営農民を主体とする共和国を理想としました。
ちなみに、リパブリカンとは共和派という意味ですが、現在の共和党と直接の関係はありません。

1829年にリパブリカン党のジャクソン大統領が就任します。ジャクソンは白人男性の普通選挙を実施するなど、民主的な政策を進めました。民意をいち早く吸い上げようとする政治家が活躍した「ジャクソニアン・デモクラシー」の時代です。(一方で自由黒人の選挙権を奪ったり、先住民の強制退去を行うなどの政策も)。
しかし、リパブリカン党の中にもジャクソンに反発する人たちが現れます。彼の政策を大統領の専制だと批判し、分裂してホイッグ党を結成しました。
いっぽう、ジャクソン支持派は民主党を結成。ホイッグ党はと、激しく大統領の座を争いました。
ホイッグ党は1850年代の政党再編で消滅しますが、民主党は現在まで存続し、何人もの大統領を輩出しています。

アメリカの2大政党制が成立したのですね。しかし、民主党のライバルは現在の共和党ではない…。

1854年、奴隷制の拡大に反対する人たち組織したのが、共和党の始まりです。北部で勢力を伸ばし、1960年にはリンカーンを大統領に当選させました。
しかし、1961年に奴隷制度を擁護する南部の7州が連邦を脱退、南部連合を結成します。北部は独立を認めず、戦争が起こりました。

有名な南北戦争!?

そのとおり。
南北戦争中の1863年、リンカーンは奴隷解放宣言を発し、戦争には共和党の北軍が勝利します。1865年にリンカーン大統領は暗殺されますが、その後共和党が優勢に。民主党と政権を争い、特に1932年までは共和党が大半の大統領を輩出しています。

なるほど。リンカーン大統領の時代に、現代の2大政党制が成立したのですね!

参考資料

山川出版社HISTORIST

コトバンク

アメリカンセンター


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
経済
ソルバ! – 4コマでハラオチする「社会科」メディア
タイトルとURLをコピーしました