【特集】一人当たりGDPランキングの推移を5コマで(1980〜2019) | ソルバ!

【特集】一人当たりGDPランキングの推移を5コマで(1980〜2019)

経済

国民の生活の実質的な豊かさを表すのが、一人当たりGDP。世界の中で日本はどのように変化してきたのか? 1890〜2019年のランキングを10年ごとにまとめました。

5コマで「一人当たりGDPランキングの推移」

解説

GDP総額では、日本は1960年代に世界2位となりました。しかし、一人当たりGDPは1980年時点で24位。世界の国々と比べれば、国民一人ひとりの生活は豊かとはいえなかったようです。

アメリカもGDP総額では長く世界一ですが、中東の産油国やヨーロッパの国々には、一人当たりGDPは及ばなかったのですね。

しかし、1990年のランキングでは日本もアメリカもTop10に食い込んでいます。2000年には一人当たりGDPでも世界2位に。

バブルの影響などもあったのでしょうねえ。
ルクセンブルクはヨーロッパの小国ですよね。どうしてこんなにお金持ちなのですか?

ルクセンブルクは、1970年代初頭の石油危機を機に産業構造を転換させました。それまで経済成長を支えてきた鉄鋼業から、金融サービス業にシフトし、ヨーロッパの金融センターとしての地位を確立しました。
近年はITや環境技術など、新しい産業の支援にも力を入れ、多くの企業が進出しています。

2000年以降は、トップを堅持しています。日本は2010年の17位、2019年の25位とランキングを下げています。

見方はさまざまですが、日本国内の生産性を上げる必要性が指摘されています。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
経済
ソルバ! – 4コマでハラオチする「社会科」メディア
タイトルとURLをコピーしました