4コマでファイブ・フォース・モデル(5力分析)〜みんなの戦略フレームワーク〜 | ソルバ!

4コマでファイブ・フォース・モデル(5力分析)〜みんなの戦略フレームワーク〜

みんなの戦略フレームワーク

ファイブ・フォースは経済学者のマイケル・ポーター博士が考案した理論で、主に業界分析の手法として知られています。日本語では、「5力分析」などと呼ばれ、広く使われるフレームワークです。

今まさに参加している or これから参加しようとしている「競争」には、どんなリスクがあるか?ファイブ・フォース(5つの力)で整理できます。

4コマでファイブ・フォース・モデル

ファイブ・フォース・モデル解説

ポーター博士は、『[新板]競争戦略論Ⅰ』で次のように述べています。

戦略担当者の仕事は、突き詰めれば、競争を理解し、競争に対処することである。その差異、競争を狭く定義して、今直接対持している企業との間で起こっているものだけを競争と見なす過ちを犯しがちだ。しかし、利益をめぐる競争は、「業界内のライバル企業」という範囲を越えて、「顧客」「サプライヤー」「将来の新規参入者」「代替品」まで広がる。これら「5つの競争要因(ファイブ・フォース)」によって拡張された競合関係によって、業界の構造と競争の性質が決まる。

経営戦略においては、次の要因をファイブ・フォースとして定義しています。ポーター博士いわく、どんな業界でも競争は、本質的に次の5項目で分析できます。

1.新規参入者の脅威

新規参入しやすい業界は、競争も激しくなります。参入障壁を正しく分析しなければなりません。

巨額の投資が必要な業界では、資金力のある企業しか参入できなくなります。既存企業が大量生産でコストを下げているような業界も、参入障壁が高くなります。

顧客が商品・サービスを乗り換えるときにかかる「スイッチングコスト」も重要です。例えばWindowsからMacに乗り換えるには、ソフトウェアの使い方に慣れたり、新たに購入しなければならない可能性があります。その場合、スイッチングコストが高くなり、新規参入者としては障壁となります。

2.買い手の交渉力

反対に、買い手が強力な業界では、値下げやサービスの向上が迫られることになります。買い手が法人でも、個人の顧客でも原則は変わりません。

差別化されていない製品、高額な製品、性能が重要でない製品に対しては、価格感度が高くなります。もし、Windowsが他のOSと簡単に換えられる製品で(つまり差別化されていない)、PCの価格にさして影響しないほど安く、OSの機能・性能がPCの使い勝手を左右しないようなものであったとすれば、PCメーカー(ここでは買い手)の力が相対的に高まるはずです。

3.サプライヤーの交渉力

サプライヤーは、ビジネスに必要な資材や原料、部品などの仕入先です。サプライヤーの力が強い場合、高い仕入れ代金を支払わなければならなくなったり、サービスの質が制限されたりします。

たとえば、ポーターはPCメーカーと、サプライヤーであるマイクロソフトの関係を挙げています。マイクロソフトのWindowsはPCのOSとして高いシェアを維持しています(日本では約9割!)。マイクロソフトがWindowsの仕入れ価格を上げると、競争の激しいPCメーカーは市場での販売価格に転嫁できず、収益性を圧迫されます。

4.代替品の脅威

ある業界が果たしていた機能・目的を、まったく違う製品やサービスが代替えすることがあります。例えば、毎月東京から大阪まで打ち合わせに通っていたビジネスマンにとっては、テレビ会議のシステムが新幹線の代替サービスになったりします。

従来とはあまりにも違う方向からおそってくるのが代替品の脅威です。見えないところに、競合がいるとも言えます。

製品・サービスの本質を注意深く分析して、脅威を予測する必要があります。

5.既存企業間の競合

既存企業間の競合は仁義なき戦いです。その多くは価格競争が展開されます。

値下げは外部に見えやすいので、対抗的値下げを誘発します。値下げ合戦が続けば、やがて市場の関心は製品やサービスの品質ではなく、価格だけに向かいます。競争が価格のみに向かうと、その業界にいる企業の収益性は大きな打撃を受けます。

すぐれたフレームワークはあらゆることに使える

ファイブ・フォースを通して競争の本質を見直すことは、経営上の課題をあぶり出すことに役立ちます。そして、それは私たち一人ひとりの人生にも活用できるフレームワークです。

たとえは、ファイブ・フォースは恋愛にも当てはめられます。

  • 新規参入者の脅威…新たな恋敵
  • 買い手の競争力…恋の相手のわがままや高い要求
  • サプライヤーの競争力…自分磨きやデート代の資金源の枯渇
  • 代替品・代替サービスの脅威…相手が恋に代わる関心事(仕事など)をみつける
  • 既存企業間の競合…同じ人を愛する恋敵との競争

ファイブ・フォースのうち、もっとも強力な要因が重要。

男性がデートのたびに高級な寿司やフレンチをごちそうしていたら大変です。しかし、潤沢な資金源があれば、大きな競争要因にはならないかもしれません。果たして、彼女を落とす競争に参加するべきか、せざるべきか…。総合的に考えることができますね。

ファイブ・フォースで参加する競争を選び、その上で最適なポジションをとる(ポーターのポジショニング戦略は別途記事でご紹介)ことが、ビジネスでも恋でも、成功につながります。


タイトルとURLをコピーしました